入会案内

力を合わせて酪農の明るい未来へ

多くの人々にとって、酪農という産業は、乳牛を飼育し生乳を搾る農業としか映らないものと思われます。ここ数十年で、日本の酪農は規模拡大など生産基盤を拡大し、生乳生産量を急激に増やし、規模的にヨーロッパなど酪農先進国を追い抜くほど発展してきました。確かに、何年か前まではそれでも良かったかもしれません。しかし、現在、酪農家は、牛乳消費の低迷、輸入飼料価格の高騰、あるいは後継者不足や環境問題など、酪農家を取り巻く環境が厳しくなるなかでこのままでは、経営を継続していくことが困難な状況になることも考えられます。

こうした厳しい状況下、酪農家が安定して経営を継続し、生乳生産を続けていくためには、生乳を供給することの他に、酪農の持つすばらしさ、教育、安らぎ、国土保全など多面的な効果が、消費者に広く理解され、支援されることが重要になっています。
そのために、多くの酪農家が、自分の牧場を開放したり、地域住民との交流を深めたり、自分でアイスクリームやチーズなど乳製品を製造販売したり、ファームインを経営したり、学校と提携して牧場を教育の舞台とする教育ファーム活動を展開するなど、消費者との様々な交流活動を行っています。

「地域交流牧場全国連絡会」は、このような交流活動を行っている牧場同士が、一堂に会し、意見交換や情報交換などを目的に、酪農家による全国的なネットワーク組織です。
現在、同じ志を持つ、約300人の酪農家を中心とした仲間がこの会に参加しています。さあ、皆さんも私たちの仲間になって、共に今後の日本の酪農の未来について考えてみませんか?

ご入会方法

【ご注意】

    • ※年会費の払い込み手数料は年会費に含まれません。
    • ※年会費の有効期限は入会月日に関係なく年度末(3月31日)までとなります。
    • ※生産物責任賠償保険は、申込書にもとづき別途保険料を納付します。
    • 皆さまからお預かりした年会費は施設賠償責任保険(会員が施設の所有、使用、管理に起因して、入場者の身体、財物に損害を与えた場合に、牧場経営者が負担する法律上の賠償責任を補償する)への加入費用およびブロック活動費として有効に活用しています。なお、生産物責任賠償保険にも加入することになりました(別途保険料を支払い)また、生産者団体である(社)中央酪農会議の支援、国からの助成金等を含めて運営しています。
 
PAGE TOP