牛とのつながりは生きるため

京都府京丹後市・丹後ジャージー牧場

昭和24年12月、大急ぎで裏の味噌小屋を片付けて、村で初めての乳牛が我が家にやってきました。長女の私が丁度1歳の時です。
村のどの家にも、黒牛がいるのが当たり前の時代でした。川原で放牧している時も、黒牛の中に1頭だけホルスタインの乳牛が、ポツンとはねっこで草を食べていたそうです。

小さな村の、地主だったため農地解放によって、ほとんどの田圃はなくなり、生きるための手段として選んだのが、乳牛を飼うことでした。
『百姓は百姓をするのがええ・・』頼りにしていた伯父の父への一言でした。
初めは、一人でしたが、そのうち仲間ができ、酪農組合を結成するまでになりました。乳量が増えてくると、牛乳の出荷に困りました。駅のプラットホームで時間がすぎて腐敗してしまい、受け入れて貰えないこともしばしば起こったようです。

誰かが牛乳を作ればいいのでは・・妙案もたらいまわしで最後に回ってきたのが、父のところでした。
昭和31年小学校の廃屋をもらってきて、手作りの処理場を建て、牛乳屋さんとして出発しました。
朝2時から起きて、牛乳を作り、自転車で両脇に手製の布袋に熱々の牛乳をいれて配達、牛の世話、午後は草刈、牛の世話、自家栽培の田圃、畑・・・毎日休まずに家族全員で頑張りました。
村の中ほどに、4町歩の池があります。村の人は「いつ、あの家族が浮かんでいてもおかしくないなあ」とうわさをしていたそうです。
あれから、60年、牛乳工場は、小さいながら地域の牛乳として、60校を超える学校への給食もお届けさせていただけるようになりました。

牧場は、ホルスタインからジャージー種に変え、平成12年、ふれあい牧場、丹後ジャージー牧場として2代目が経営を引き継ぎました。
現在35頭を飼育し、「牛乳のおいしさを皆さんに伝えたい」という創業の夢をかなえ、平成16年3月、乳製品の工房(ミルク工房 そら)をオープンいたしました。
おいしいアイスクリーム屋さんと言うより、牧場の全てを見ていただきたい、その楽しさ、苦労、全部見ていただきたい、その思いから、工房は、牧場の一番奥に作りました。
古い牛舎、何もかも人手に頼る形態なので、皆に苦労をかけてばかりですが、少しずつ改良をして、酪農=楽農になるよう、夫婦、息子、娘の家族4人で頑張りたいと思っています。

現在の酪農は、牛乳の消費の減少による厳しさのみならず、飼料代の高騰、環境の厳しさも加わり、丹後でも酪農を断念してしまう人が次々続出し、かつての半分以下にもなってしまいました。
母牛が、子牛のために出している牛乳が、悪いものであるはずがありません。工場で作っている商品ではなく、自然の贈り物として大切に、飲んでいただけるよう、バター作り、牧場見学など、あらゆる場面を通して、私たち酪農家が、伝えていかなければならないと思います。